【当サイト限定】4000円もらえるキャンペーン実施中

>>詳しくはこちら<<

ベラジョンカジノの3リールスロットで狙いやすい?Triple Jokersに挑戦

ベラジョンカジノには多くのビデオスロットが準備されています。ビデオスロットの中には、3リール形式を採用しているものもあれば、5リール形式を採用しているものもあります。
今回はその中でも3リールで狙いやすく、高配当が期待できるTriple Jokersに挑戦してみました。ルールも簡単で高配当を狙えるチャンスが存在するスロットですので、多くの方が挑戦して大きな利益を得られるチャンスがあると思います。

 

Triple Jokersは3つのJokerを出してからが勝負

まずはTriple Jokersについて簡単に説明します。

 

 

Triple JokersはPLAGMATIC PLAYという会社が開発した3リールのビデオスロットです。画像の通り3つのリールが回転し、最終的に止まった絵柄によって配当が得られます。横のラインか斜めのラインが揃わなければ配当は得られません。

 

このゲームは一般的な絵柄だけではなく、Jokerの絵柄が用意されています。Jokerは一番高い配当に指定されており、的中した場合は20倍の配当を支給してくれます。ただ、Jokerは横のラインや斜めのラインだけで狙うのではなく、縦に3つのJokerが揃うことを狙うのです。

 

 

画像は縦に3つのJokerが揃った状態で賞金を得られた状態を示しています。実は縦に3つのJokerが揃うとスロットが無料で再度回転します。回転は絵柄が3つ揃う状態まで続くため、外れるという問題はありません。また、3つのJokerはワイルドカードとして扱われるほか、回転して出てきたJokerもワイルドカードとして扱われます。

 

ワイルドカードとして絵柄を使えるという部分に加えて、Jokerが3つ揃うと200倍というとんでもない配当を得られるのがTriple Jokersの魅力です。他のスロットに比べると的中しやすいと考えられる要素が多いと判断できたので、私はTriple Jokersで遊んでみることにしました。

 

Jokerが3つ揃ってもいい配当を得られない場合がある

実際に遊んでみた感じとしては、縦に3つのJokerが揃う確率はそれなりに高いのですが、高配当を得られるかどうかは別の話です。仮にJoker3つのラインが形成されて、高配当を得られるチャンスが生まれたとしても、一番安いダイヤしか揃わない場合も多々あります。ダイヤしか揃わなかった場合、どれだけ良くても40ドルまでしか返ってこないため、ほとんど利益が出ません。

 

また、Joker以外の絵柄が3つ揃う確率は案外低いのか、一般的な的中はほとんどありませんでした。私が遊んだ時はワイルドカードを経由しての的中が多くなっており、ダイヤが3つ揃ったり、クローバーが3つ揃うという状態はほとんどなかったように思います。延々と外れるケースもあり、的中が出るまでに100ドルくらい消費していたこともありました。

 

3リールは的中させられるラインが少ないために、延々とスロットを回し続けるような状況も起こりやすいのかなと感じています。的中しないまま何度もスロットを回すのは少し嫌な気分でもありました。ただ、そんな状況を変えてくれたのが1つの大きな的中だったのです。

 

Jokerが3つ揃った後にまさかの絵柄が何度か的中を続けながら、最終的に100ドル近い損失を出していた時でした。久しぶりにJokerが3つ揃って、再びスロットが回転する状態を作りました。ただ、私は期待していませんでした。その理由は、少し前にJokerが3つ揃ったものの、出てきた絵柄がダイヤだったからです。ダイヤではほとんど配当を得られませんし、場合によってはつぎ込んでいるお金よりも配当が少なくなってしまいます。従って今回のJokerにも期待していませんでした。

 

何度かスロットが回転し、的中しない状態が続きました。今回も怪しいような気配が漂ってきましたが、5回ほど回転してようやくスロットが停止しました。その時の状態が以下の画像です。

 

 

最終的に止まったのは「7」でした。「7」が横に3つ揃った状態として判断されたため、私が得られた配当は150ドルとなりました。最初にスタートした金額が500ドルだったので、この時点で60ドルの利益を得られました。150ドルも得られる絵柄というのはそう簡単に出るわけではないので、この的中は素直に嬉しいものでした。

 

同時に惜しいなと感じるところが多くあります。1つはクローバーの部分が「7」であれば追加の配当を得られる可能性があります。もし全て7として扱われれば、最終的に750ドルの利益が1回で支給されることになり、大きな利益を得らえる可能性がありました。
もう1つは「7」ではなくJokerが揃っていた場合です。Jokerがワイルド状態でそろっている場合、得られる配当は最高の2000ドルでした。2000ドルは日本円で20万円を超える金額となりますので、1回のスロットでとんでもない配当を得られる状態です。しかし、ワイルド状態でそろわなかったので、2000ドルという数字は得られませんでした。

 

150ドルというのは本当にいい配当だと思いますが、この画像を見ても更なる配当のチャンスがあったと考えれば、惜しい的中だったという気持ちもあります。

 

Triple Jokersは運が良ければ高配当のチャンスも

運が良ければTriple Jokersで高配当のチャンスを得られるのは間違いありません。ワイルドカードが3リールでも使えるのは的中率を引き上げてくれる要因だと思いますし、高配当のチャンスも膨らむでしょう。
割と演出もBGMも良かったですし、シンプルなスロットという印象も強く残りました。初心者でも遊べるビデオスロットだと思うので、気になる方は挑戦してはいかがでしょうか。

【当サイト限定】4000円もらえるキャンペーン実施中

>>詳しくはこちら<<